旧ブログ

旧「快ちゃんの日記」です。 新しい「快ちゃんの日記」はhttps://kaichan.hatenablog.jp/です。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年7月1日、私の部屋にお祀りしている神明社にて、毎月1日・15日恒例の月次祭を執り行いました。

月次祭次第〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年7月1日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一拝。
  母:私に合わせて一拝。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二拝二拍手一拝。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二拝二拍手一拝。

七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一拝。
  母:私に合わせて一拝。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年7月1日月次祭を終わります」と宣言。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この度は、母に買ってもらった純米酒『浜千鳥』を瓶子に入れてお供えしました。
(お母さんいつもありがとう(*´∀`*))
CE6DB255-363E-465D-89F2-840BF51E6DF0

我が岩手県の株式会社浜千鳥さんが造った清酒です。
59BD00A0-1804-48DB-AD7D-63D08E5AAC19

神饌として、米、清酒、塩、水、さくらんぼ、りんごをお供えしました。
(さくらんぼとりんごはどちらも青森県産。)
A0849201-61A4-404D-B728-0C60F198AAC3

月次祭を通じて、天照大御神(神宮大大麻)、大国主大神(氏神神社神札)、豊受大神(榊山稲荷神社御神札)、豊受大神荒魂(榊山稲荷神社別宮神札)、稲荷大神(伏見稲荷大社講員神符)、へ日頃御守護を頂いていることへの感謝を新たにしました。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

天皇皇后両陛下には、平成30年6月16日、香淳皇后例祭の儀へ出御されました。
(情報源:両陛下ご動静(16日・土)(産経ニュース)

香淳皇后例祭の儀は、香淳皇后の崩御された日に宮中の皇霊殿に於いて行われる祭祀です。
(情報源:主要祭儀一覧(宮内庁))

天皇皇后両陛下には、身を清め、天皇陛下には黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)、皇后陛下には十二単に着替えて祭祀へ臨まれます。

D6E2004B-1E90-43FE-A733-974069732A30 841CC2AE-37C8-4808-A334-1AB53BCB99D7
(左の写真:黄櫨染御袍をお召しになった天皇陛下)
(右の写真:五衣唐衣裳(十二単)をお召しになった皇后陛下)
(写真は2枚とも即位の礼のお写真(宮内庁)より)


香淳皇后は、昭和天皇の皇后で、天皇陛下のお母様です。

1BD5E52B-28A9-40D7-A3EC-CFFD6195C06E(香淳皇后)

実は、平成30年3月20日、宮内庁は、皇后陛下のご体調とご日程についてという文書を発表して、この中で、

今後はご様子を見つつ,6月の香淳皇后例祭へのご出席を決めることになりますが,

と記していました。

しかし、皇后陛下は出御されました。

この文書の中では、

頸椎症性神経根症のお痛みなどもあり,宮中祭祀へのお出ましは段々と難しくなってきておられ, 

という事が記してあります。 

頚椎の病を持っておられる皇后陛下にとって、重い十二単をお召しになって、更に重い御垂髪(おすべらかし)のかつらを頭に着けられ祭祀をされることは、頚椎に大きな負担が掛かり、辛いお痛みとなることなのです。

そのため、皇后陛下には近年、祭祀への出御を控えられることが多くなられています。
(このことを、自称「愛国」ブロガー達は「祭祀をサボる皇后」「やはり皇后はクリスチャンだ」などと罵っています。)

しかし、皇后陛下には毎年、昭和天皇祭と香淳皇后例祭には必ず出御されます

この理由となることを、皇后陛下は平成25年のお誕生日に際しての宮内記者会への文書ご回答の中で仰せになっています。

せめて年始の元始祭,昭和天皇,香淳皇后の例祭を始め,年間少なくとも5,6回のお参りは務めたいと願っています。

この仰せで、皇后陛下が、お体の負担がお辛くても昭和天皇と香淳皇后への祭祀は欠かしたくない、という御心を持っておられるということが分かります

頚椎のお痛みに耐えてでも、昭和天皇、香淳皇后への祭祀は欠かさまいと務められる皇后陛下には、本当に頭が下がります。

天皇陛下にも、お年を召されているのにも関わらず祭祀への出御を怠られないことに、ただただ頭が下がります。

ちなみに、来年5月には皇位継承が行われるため、天皇皇后両陛下が香淳皇后例祭へ出御されるのはこれが最後となりました。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年6月15日、私の部屋にお祀りしている神明社に於いて毎月1日・15日恒例の月次祭を執り行いました。

月次祭次第〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年6月15日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。
(※今回は先にお供えしたため省略)

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二礼二拍手一礼。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二礼二拍手一礼の作法で参拝。

七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年6月15日月次祭を終わります。」と宣言。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この度は、母に買ってきてもらった純米酒「あさ開」を瓶子に入れてお供えしました。
DD3A28D1-D370-4567-8C04-77DB60EB7954

我が岩手県盛岡市の会社が造った清酒です。
1FBAEF94-A298-4D98-A794-C4D6511457CE

神饌として、米、清酒、塩、水、の他に、桃と甘夏をお供えしました。
4D7D3163-0942-400B-ACB6-A6091F3B276D
(月次祭終了後の神明社)

月次祭を通じて、天照大御神(神宮大大麻)、大国主大神(氏神神社神札)、豊受大神(榊山稲荷神社御神札)、豊受大神荒魂(榊山稲荷神社別宮神札)、稲荷大神(伏見稲荷大社講員神符)、へ日頃御守護を頂いていることへの感謝を新たにしました。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)
さて、先日、当ブログを仮以降する旨の記事を綴りました。

しかし、仮以降先のブログサービスはAmebaの管理下にあり、Amebaアカウントをお持ちでない方は記事にコメントなさることができません。

Amebaへ、Amebaアカウントをお持ちでない方からもコメントを頂けるようにして欲しい旨の意見を送りましたが、今のところ改善されていません。

そこで、皆様には誠に申し訳ありませんが、ご覧になって下さっている全ての方にコメントを頂くため、再びこちらにてブログを綴ることとします。

しかし、ブログ仮以降の理由となったモバイル版のコメント欄デザインの改悪は未だに直されていないため、申し訳ありませんが、モバイル版の記事コメント欄は非表示にさせて頂きます
そのため、モバイル端末から当ブログをご覧下さっている方は、お手数になりますが、モバイル版記事の左下にある『PCモード』を押して、PC版記事のコメント欄からコメントを頂きます様お願い申し上げます。

また、仮以降したブログは削除せず、Amebaアカウントをお持ちでない方でもコメントなさることができる様になれば、そちらへ正式に以降をさせて頂きます。

皆様には、ご理解を頂きます様お願い申し上げます。
6D8F4F44-555E-4444-8CA5-978814021DDA

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

当ブログは、この度、仮移行をすることとなりました。

なぜかと言うと、現在利用しているブログサービスが、主にスマートフォン版のブログ画面において不要なデザイン変更をしたからです。
ブログサービスの公式ブログへ改善を求めるコメントを2回書きましたが、改善される様子はありません。

私が利用しているブログサービスは、ブロガーに何の予告も無しに機能変更などをし、公式ブログで事後報告をします。
そして、その機能変更に反対するコメントが公式ブログに多く寄せられても、何の改善もしません

公式ブログのコメント欄へ書き込んでいらっしゃる方もいましたが、私も、機能を追加するのは構わないから、新しい機能を使うか使わないかブロガー自身が選択できるようにして欲しいのです

…文句を綴ってしまい、申し訳ありません。

この様な事情で、ブログの以降を決めました。

しかし、もしかしたら、現在利用しているブログサービスのデザインが改善されることがあるかもしれない(期待していませんが…)ので、とりあえず【仮以降】として、新しいブログを開設して、そちらで主な記事を綴っていくこととします。

新しいブログのご紹介〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記の理由により、新しいブログを開設しましたので、ご紹介します。

新しいブログ: 快ちゃんの日記

お断り:新しいブログはAmebaの管理下にあるため、平成30年5月14日現在、Amebaのアカウントを持っておられない方は、記事へコメントをお書きになることができません。誠に申し訳ありません。(Amebaのアカウントをお持ちでない方もコメントなさることができる様にするために、定期的にAmebaへ意見を送ります。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆様には、ご協力を頂きます様お願い申し上げます。

 16DAB5AB-CD8D-49CD-8F1C-C8973DFDD5FA


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年4月15日、私の部屋にお祀りしている神明社にて、毎月1日、15日恒例の月次祭を執り行いました。

このとき母は出掛けていたので、私1人での月次祭となりました。

月次祭次第〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年4月15日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二礼二拍手一礼。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二礼二拍手一礼。


七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年4月15日月次祭を終わります。」と宣言。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回、瓶子に入れてお供えした清酒は、我が岩手県盛岡市の『菊の司酒造』さんの品です。
(月次祭前日、母に買ってきてもらいました。)0C64E2B9-64FE-4166-A737-943079F85BDC

月次祭を終えた後の神明社。
D3FE6C8D-A845-4825-8FFC-7C758A966C7E

今回は、米、清酒、塩、水、の他に、りんごとバナナをお供えしました。

月次祭にて、

・天照大御神(神宮大大麻)
・大国主大神(氏神様神札)
・豊受大神(榊山稲荷神社神札)
・豊受大神荒魂(榊山稲荷神社別宮神札)
・稲荷大神(伏見稲荷大社講員神符)

へ、いつもお守り頂いていることへの感謝をしました(^ ^)

お詫び:

この度の記事は、進学して新たな生活が始まった疲れから、月次祭を執り行った日から1週間以上経って綴ることとなりました。
いつもご覧下さっている方々、申し訳ありませんでした。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

天皇陛下には、平成30年4月11日、 皇居内の生物学研究所にある苗代に、稲の種もみをお蒔きになりました。

 
(YouTube:ANNnewsCHより)

陛下がお蒔きになったのは、うるち米のニホンマサリと、もち米のマンゲツモチです。

皇居に於いて行われる稲作は、農家の苦労を感じるために昭和天皇が始められ、天皇陛下が受け継がれています。

CCE7E5EB-93D2-4E72-A9E6-55D68196F9A9(昭和天皇)

皆様ご存知とは思いますが、来年5月1日には譲位が予定されています。

皇位を継承され第125代天皇になられてから昭和天皇の御心を受け継がれて稲作を続けてこられた天皇陛下にとって、御在位中最後となる今年の稲作は、とても感慨深きものになるのではないでしょうか。

稲作を大切に受け継がれてきた陛下には、本当に頭が下がります。

おまけ:

記事の始めに載せた天皇陛下が種もみを蒔かれる動画の中で、職員と思われる方が風で乱れた陛下の御髪を直す場面がありました。

F0FE257C-8EAB-4D06-A570-4FA699FD0C1F

陛下の御顔に触れるなんて畏れ多いことにも感じますが、職員の方は気を遣われたのでしょうね。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年4月1日、私の部屋に奉斎している神棚にて毎月1日・15日恒例の月次祭を執り行いましたが、祭儀終了後の神棚の写真を撮ることを忘れてしまったので、いつものように記事を作ることができません。

そのため、『神明社 平成30年4月1日 月次祭』 の記事は、お休みさせて頂きます。

いつもご覧下さっている方々には誠に申し訳ありませんが、ご理解を頂きますよう、お願い申し上げます。

 6D8F4F44-555E-4444-8CA5-978814021DDA

このページのトップヘ