旧ブログ

旧「快ちゃんの日記」です。 新しい「快ちゃんの日記」はhttps://kaichan.hatenablog.jp/です。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、当ブログをスマートフォンなどのモバイル端末でご覧頂くと、

ブログタイトルの下や、
5A960A44-FCA8-43AA-8C35-80E6F736925B


記事の最後に、
60D77226-B6DF-4FCD-BD67-75A325503C88

広告が表示されます。

これらは、ブログサービスを提供している会社が表示させているものであり、私が収益を得るために表示させているものではありません。

ここに、当ブログは広告表示による利益を目的に綴っているものではないことをお知らせします。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

天皇陛下には、平成30年4月3日、神武天皇祭皇霊殿の儀皇霊殿御神楽の儀へ出御されました。
皇后陛下には、この儀に当たり、ご遙拝され、お慎みになりました。
(情報源:両陛下ご動静(3日・火)(産経ニュース))

神武天皇祭皇霊殿の儀は、毎年、初代・神武天皇の崩御された日に宮中の皇霊殿に於いて行われる祭祀です。
皇霊殿御神楽の儀は、神武天皇祭皇霊殿の儀の夜に、御神楽を奏でて神霊をなごめる祭祀です。
(参考:主要祭儀一覧(宮内庁))

天皇陛下は、身を清め、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)に着替えて、祭祀に臨まれます。

(この写真は、平成25年の秋季皇霊祭・秋季神殿祭へ黄櫨染御袍をお召しになって出御される天皇陛下。)

お年を召されても、歴代天皇への祭祀を怠らない天皇陛下には、頭が下がります。

また、お年を召され、十二単の御負担のために祭祀への出御を控えられても、祭祀に当たってご遙拝されお慎みになることを必ずなさる皇后陛下にも、頭が下がります。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年3月31日、我が岩手県盛岡市に鎮座されている盛岡八幡宮へ、母と共に参拝しました。

目的は、昨年の春に学校の入学試験を受けるために頂いてきた合格祈願の神札をお返しすることと(お蔭で、無事に合格しました。)、新年度へ向けて神々に今まで御守護を賜ったことへ感謝することです。

ちなみに、盛岡八幡宮は、岩手県で最も規模の大きい神社で、旧県社です。
宮司様は、岩手県神社庁長を務めておられます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鳥居。
IMG_0171

参道を進むと、向かって左側に手水舎があります。こちらで、手と口を清めます。
IMG_0176

さらに参道を進むと、向かって左側に御神馬が祀られていますので、参拝しました。
IMG_0174

そのまま参道をまっすぐ進むと拝殿へ着きますが、その前に、古札納所に向かい、合格祈願神札を納めました。
IMG_0178

古札を納めた後、振り返ると、鳩たちが何かを食べていました。
IMG_0177
ちなみに、鳩は八幡大神の眷属(けんぞく)です。

そして、古札納所から参道へ戻り、広い石段を登ります。
IMG_0179

そして、拝殿に着きました。
IMG_0182
こちらで参拝し、

(盛岡八幡大神様、いつもお守り頂き、ありがとうございます。お蔭で〇〇学校へ合格することができました。)

と祈念しました。

ちなみに、盛岡八幡宮の御祭神は、
  • 八幡大神
  • 春日大神
  • 白山大神
の三柱です。

次に、境内に鎮座されている、

稲荷大神をお祀りする笠森稲荷神社、
IMG_0185

天照大御神をお祀りする神明社、
IMG_0186

へ参拝し、

(いつもお守り頂き、ありがとうございます。)

と祈念しました。

また、同じ敷地内にある、戦争で亡くなられた岩手県に関係する人々の御霊をお祀りしている岩手護国神社へ参拝し、
IMG_0188

(御英霊の皆様、どうぞ安らかにお眠り下さい。)

と祈念しました。
神社へ祈念することとしては正しくないかも知れませんが、鎮魂の心を込めて参拝したものですので、ご理解を頂ければ幸いです。

ちなみに、岩手護国神社には、
IMG_0187
平成27年8月15日に行われた大東亜戦争終戦70周年臨時大祭のときに天皇陛下から幣帛料の御下賜があったことを記す立て札がありました。
これを拝見し、戦地へ赴き命を失われた御霊へ対する天皇陛下の御心を、改めて感じました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

境内には、他にも様々な神社が鎮座されていますが、時間の都合上、この度は参拝しませんでした。

この日は空が快晴で、誠に快く参拝しました(^ ^)

新年度に入る前に合格祈願神札を納めることができ、良かったです。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、先日、当ブログをデザイン性の向上のために移行することを仮決定した旨の記事を綴りましたが、ブログの機能性を鑑み、もう少しこちらにてブログを続けることにしました。

移行のお知らせの記事を綴っておきながら、移行延期としたこと、誠に申し訳ありません。

皆様には、ご理解を頂ければ幸いです。
fullsizeoutput_74

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、先日、当ブログを移行することを検討している旨の記事を綴りましたが、やはり、デザインの向上のため、移行をする心持ちになりました。

しかしながら、移行先のブログは準備段階であり、また、何か事情によって、こちらにてブログを続けるという判断をする可能性もありますので、この度は、ブログ移行【仮決定】のお知らせ、とさせて頂きます。

皆様には、ご理解・ご協力をよろしくお願いします。
fullsizeoutput_74

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、当ブログでは、現在、ブログ移行を検討しています。

主な理由としては、デザインを良くするためです。

現在、新しきブログを、別々の無料ドメインで3つ作り、その内のどのブログへ正式に移行しようか検討しているところです。

また、新しきブログの名前を、「快ちゃんの日記」以外にすることも検討しています。

さらに、現在のブログを旧ブログとして残すか、それとも削除するか、も検討中です。

検討が終了し、ブログの移行が正式に決まったら、再度お知らせ記事を綴ります。

皆様には、ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。
fullsizeoutput_74

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

天皇陛下には、平成30年2月21日(春分の日)、春季皇霊祭・春季神殿祭の儀へ出御されました。
皇后陛下には、御所からご遙拝され、お慎みになられました。
(情報源:両陛下ご動静(21日・水、祝=春分の日(産経ニュース)

春季皇霊祭は、春分の日に宮中の皇霊殿に於いて行われる皇室の御先祖の祭祀です。
また、春季神殿祭は、同じく春分の日に宮中の神殿に於いて行われる神恩感謝の祭祀です。
(参考:主要祭儀一覧(宮内庁))


898C7477-9744-48CA-8BDF-12C5C353F7A8
この写真は、平成25年の秋季皇霊祭・秋季神殿祭へ黄櫨染御袍をお召しになって出御される天皇陛下。

この儀には、皇后陛下も出御されることになっているのですが、皇后陛下のお体への負担を考慮して、宮内庁が出御をお取り止め願ったとのことです。
(情報源:皇后陛下のご体調とご日程について(宮内庁))

皇后陛下には、今月末に天皇陛下と共に沖縄県へ御在位中最後の行啓をされることになっているので、お体に心掛けられ、ご体調が優れなくなったら、行啓を取り止めて安静にして頂くのがよろしいかと思います。

国民の一人として、皇后陛下のお体が良くなることを、心よりお祈り申し上げています。

お年を召されているのにも関わらず、皇霊と神々への祭祀に務められる天皇陛下には、頭が下がります。

出御は叶わずとも、御所からご遙拝されお慎みになられた皇后陛下にも、頭が下がります。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年3月15日、もりおかかいうん神社へ、今年になってから初めて参拝してきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まずは、御本社の榊山稲荷神社(さかきやまいなりじんじゃ)へ。
御祭神は豊受之大神(とようけのおおかみ)です。

7533FFD1-D54C-4E76-AA86-D5BBBA4E9B8C
神門。

4E83CF45-AEB3-4755-9BB7-E62F857D4A7C
一の鳥居。赤色です。

6A42358B-5EC2-4748-A6E1-BBED918A9B13
参道を進むと、向かって左側に神輿舎がありました。
平成29年12月27日に参拝したときにはありませんでした。

DB7AA84D-5A17-44B7-95B6-0BB343C368F3
二の鳥居。扁額も朱色です。

BB8C3AF5-B66A-4D88-8650-6BA71395001A
参道を進むと水が湧いているところがあるので、こちらで手と口を清めます。

6F1E5419-5834-4872-81C4-DBB8CF05EE4C
そして、石段を登ると、木の香もかぐわしい神門が参拝者を迎えてくれます。

E57AD1D9-9959-44ED-B4DB-93CA6777669D
『開運ノ門』と呼ぶらしいです。

C9D43C7E-A0DB-4E5C-96E3-23AC6D71DB9E
『開運ノ門』を通ると、拝殿に着きます。
こちらで、二拝、二拍手、一拝、の作法で参拝し、

(いつもお守り頂きありがとうございます)

と、祈念しました。

榊山稲荷神社へ参拝した後に、別宮の加賀宮(かかのみや)へ。
御祭神は、豊受之大神荒魂(とようけのおおかみのあらみたま)です。

C1FAEB0E-CA49-4947-BD09-229AD54387B3
鳥居。

108E41D5-08A1-476D-AF6F-B6B795D904B1
加賀宮の参道からは、榊山稲荷神社の御本殿が見えます。

6D5EC49E-97A6-4D0C-92B2-52C36DBF0F67
参道を進むと、手水舎があります。
こちらで、手と口を清めます。

69C0A315-C5F2-445B-BEA4-AD00E0F75BA6
そして参道を進むと、拝殿に着きます。
こちらでも、二拝、二拍手、一拝、の作法で参拝し、榊山稲荷神社と同様に祈念しました。


EBC5E575-5CFE-4485-AFAE-18C222B1D541
さらに、向かって右の坂を進むと、加賀宮拝殿の後ろが見えます。

そして、坂を進むと…

EA05FECD-7CDC-4A62-80C4-AB79F60BC6B3
加賀宮の御本殿を拝することができます。

6988E135-221C-4161-8E4B-0DC13D7D1309
伊勢神宮の外宮の神様をお祀りしているため、鰹木は五本(奇数)で、千木は外削ぎです。

御本殿の前にも小さな賽銭箱がありましたので、改めて参拝しました。
(御本殿を前から撮るのは畏れ多く思ったので、写真はありません。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

平成30年になってから参拝できていなかったことが心掛かりだったので、この度、参拝することができて良かったです。

また、先日、電話で、四月に御祈願をして頂く予約をしたので、そのときに、再び参拝することになります。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

このページのトップヘ