旧ブログ

旧「快ちゃんの日記」です。 新しい「快ちゃんの日記」はhttps://kaichan.hatenablog.jp/です。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年3月15日、私の部屋に奉斎している神明社にて、毎月1日・15日恒例の月次祭を執り行いました。

月次祭次第〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年3月15日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二礼二拍手一礼。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二礼二拍手一礼。

七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年3月15日月次祭を終わります。」と宣言。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

清酒。この後、瓶子に入れてお供えしました。
B3CCC1FB-60A9-444B-9379-6803C6D841BA

我が岩手県にある『わしの尾』さんの品です。(見えづらいでしょうか^^;)
9CC003DC-3E9C-4E43-A470-FD3B755ABF96

月次祭が終わった後の神明社。
今回は、神饌として、米、清酒、塩、水、の他に、りんごとみかんをお供えしました。BE0DB8F0-ED15-4D7D-A80D-CA079EF84344

月次祭にて、神々へ、いつもお守り頂いていることへのお礼を申し上げました。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年3月6日、心掛かりだったことを、やっと行えました。

それは…
0E515297-9CCE-4A4C-B58A-D057F78C70E0
神棚の屋根を拭き清めること。
見えづらいかもしれませんが、上の写真に写っている神棚の屋根に、ホコリが積もっていることがお分かりになりますでしょうか。

母に買ってきてもらった新しい雑巾でホコリを拭き清め…
E8B38DFB-A29C-4D98-820A-CCFC0D5F45B6

ホコリを残らず払いました。
2F1237E4-FB18-42CF-93CC-39CD353995C9

神様にお鎮まり賜っている社なのに、清らかに保つことを怠っていたこと、誠に反省しています。

この度、拭き清めることができ、良かったです。

これからは、月に一度は、社の拭き清めを行おうと思います。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年3月1日、私の部屋に奉斎している神明社にて、毎月1日・15日恒例の月次祭を執り行いました。

月次祭次第〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年3月1日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。

      (今回は、先に神饌をお供えしたので省略。)

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二礼二拍手一礼。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二礼二拍手一礼。

七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年3月1日月次祭を終わります。」と宣言。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

清酒。いつも通り、母に買ってきてもらいました。
この後、瓶子に入れて神前へお供えしました。
我が岩手県の釜石市にある浜千鳥さんの品です。(私が住んでいるのは盛岡市。)
0A94F90F-2EC9-42C1-A09B-71562246215D

月次祭が終わった後の神棚。
今回の月次祭では、米、清酒、塩、水、の他に、苺とみかんもお供えしました。02EA9C29-A146-4279-A634-06A237812A03
苺とみかんは、この後、美味しく頂きました。

月次祭にて、神々に日々の御加護へのお礼を申し上げました。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、『愛国』 を自称するブロガー達の中に、

「皇后は一度袖を通した服は着ない」

などと言っている者がいますが、真っ赤な嘘です

私は、天皇皇后両陛下を心から敬愛する者として、この様な自称『愛国』ブロガーによる悪質な嘘を見過ごす訳にはいきません。

そこで、これから、当ブログにて、皇后陛下が同じ服を着回しておられることの検証記事を、数回に分けて綴ります。

今回は、その第1回として、黒地に銀色のチェックが入ったお洋服を着回しされていることについて検証をします。

(検証と言っても、写真を羅列するだけですが^^;)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

平成27年7月に天皇陛下と一緒に日本フィルハーモニー管弦楽団創立60周年記念コンサートを鑑賞されたときにお召しになられた、黒地に銀色のチェックが入ったお洋服。
prm1607160019-p1
(写真:産経ニュースより)

このお服は、その後も、同年8月に広島交響楽団のコンサート「祈りの夕べ」を天皇陛下と一緒に鑑賞されたとき、
prm1508150032-p4
(写真:産経ニュースより)

同年12月に皇后陛下お一人でコンサートを鑑賞されたとき、
prm1512260013-p17
(写真:産経ニュースより)

翌年の平成28年1月に天皇陛下と一緒にフィリピンをご訪問されたとき、
prm1601300037-p4
(写真:産経ニュースより)

平成29年にアルゼンチン大統領ご夫妻と会見されたとき、
lif1705200054-p1
(写真:産経ニュースより)

…など、何度も着ておられます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いかがでしょうか。

皇后陛下は、黒地に銀色のチェックの入ったお洋服を何度も着ておられますね。

今回の検証により、自称『愛国』ブロガーの、「皇后は一度袖を通した服は着ない」という主張が成り立たないことが、お分かりになると思います。

次回の『【検証】皇后陛下は着回しをなさっています!』記事は、「②黒のお洋服」です。
しばらく後の更新となると思います。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。 

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

天皇陛下には、平成30年2月17日、祈年祭の儀(きねんさいのぎ)へ出御されました。
また、皇后陛下には、この儀に当たりお慎みになりました。 

平成30年2月17日(土)
お名前ご日程
天皇陛下 祈年祭の儀(宮中三殿) 
皇后陛下 祈年祭の儀に当たりお慎み(御所)
(宮内庁ホームページ:天皇皇后両陛下のご日程:平成30年(1月〜)より)

この儀は、毎年2月17日、宮中三殿にて一年の五穀豊穣を祈願される祭祀です。

2月17日祈年祭きねんさい三殿で行われる年穀豊穣祈願の祭典
(宮内庁ホームページ:主要祭儀一覧より)

天皇陛下は、身を清め、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)に着替えて祭祀に臨まれます。

ph1-shuki2
(宮内庁ホームページ:天皇陛下傘寿に際してのお写真(宮中祭祀)より)
(この写真は、平成25年の秋季皇霊祭・秋季神殿祭へ黄櫨染御袍をお召しになって出御される天皇陛下。)
 
84歳というご高齢であられるのにも関わらず、祭祀に臨まれて我が国の五穀豊穣を祈願して下さる天皇陛下には、頭が下がります。
また、天皇陛下が祭祀をされるときのお慎みを欠かされない皇后陛下にも、頭が下がります。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

当ブログでは、日々の出来事、神道のこと、皇室のこと、神社のこと…などを綴っていますので、記事の種類によって『カテゴリ』に分けております。

例えば、この記事は、当ブログのご説明をするものなので、『当ブログについて』というカテゴリとなっています。

さて、カテゴリの中に、『皇室のご動静』というものがあります。

このカテゴリの記事は、主に、天皇皇后両陛下が宮中祭祀に出御されたことをお知らせするためのものです。

そのため、『ご動静』と言いましても、天皇皇后両陛下のなされたご公務を全てお知らせするものではありません
(天皇皇后両陛下はご多忙な日々をお過ごしですので、当ブログにて両陛下のなされたことを逐一お知らせすることは、難しきことです(^^;;)

しかし、特に「皆様にお知らせしたい」と思ったご公務があったときは、宮中祭祀出御のことではない記事を書く場合もあると思いますので、ご了承ください。

皆様には、ご理解を頂ければ幸いです。

fullsizeoutput_74



記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。 

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年2月15日、私の部屋にお祀りしている神明社(しんめいしゃ)において、毎月1日・15日恒例の月次祭を、執り行いました。
(「神明社」と言っても、神宮大大麻や氏神神社の御神札を奉斎している神棚です。)

祭儀には、母も参列しました。

部屋の壁に貼り付けた「月次祭次第」。
母のパソコンを借りて、文書作成ソフトで作りました。IMG_0751

祭儀の内容をご紹介すると、以下の通りです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年2月15日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二礼二拍手一礼。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二礼二拍手一礼。

七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年2月15日月次祭を終わります。」と宣言。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回、瓶子に入れてお供えした清酒。(1日の月次祭でお供えしたものと同じです。)
IMG_0747

我が盛岡市の「菊の司酒造」さんの品です。
IMG_0748

この度の月次祭では、米、酒、塩、水、の他にりんごとみかんもお供えしたのですが、写真を撮る前に直会(なおらい)を行い、体に入れてしまいました。
fullsizeoutput_73
fullsizeoutput_72


その後に撮った写真。
IMG_0749
両側の榊と、米、酒、塩、水、の間が空いていますよね。
そこに、りんごとみかんをお供えしたのです。
(申し訳ありませんが、ご想像下さい^^;)

無事に月次祭を執り行うことができて、良かったです。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年2月11日(建国記念の日)、天皇陛下には、宮中三殿御拝をなされました。
皇后陛下には、 天皇陛下御拝に当たり、お慎みになられました。
(情報源:両陛下ご動静(11日・日、祝=建国記念の日) - 産経ニュース

初代・神武天皇が即位された日を太陽暦に換算したのが2月11日であり、天皇陛下には、毎年この日に宮中三殿御拝をされています。

ph1-shuki2
(宮内庁ホームページ:天皇陛下傘寿に際してのお写真(宮中祭祀)より)
(この写真は、平成25年に行われた秋季皇霊祭・秋季神殿祭において祭祀に臨まれる天皇陛下。)

毎年2月11日の宮中三殿御拝は、恒例の祭祀とはされていません。

それにも関わらず、お年を召されても御拝なさる天皇陛下には、頭が下がるばかりです。 
また、 天皇陛下の宮中三殿御拝に際してのお慎みを怠らない皇后陛下にも、頭が下がります。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。 

このページのトップヘ