旧ブログ

旧「快ちゃんの日記」です。 新しい「快ちゃんの日記」はhttps://kaichan.hatenablog.jp/です。

カテゴリ: 個人的なこと

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、ご報告が遅れましたが、私は、平成30年4月から、学校の茶道部へ入部しました。

この春に進学した学校です。

私の学校は、人気の部とそうでない(部員が居ないので活動していない)部があり、茶道部は人気のない方の部だったため(ーー;)、部員が1人もおらず、この春に入部したのは私と3年生の女性(ここではMさんとします。)の計2人でした。


4月下旬。
私と​Mさん、顧問の先生2人(どちらも女性)の4人で活動が始まりました。

顧問の先生の内1人(ここではN先生とします。)は、裏千家の茶道を習っていらしたことがあるとのことで、5月に茶道の先生が教えに来て下さり始めるまでは、本を参照しながら畳の歩き方などを教えて下さりました。

5月初旬。
茶道の先生がお越し下さり、初めてお会いしました。
表千家の女性の先生で、お年を召された方です。(ここではO先生とします。

このときO先生​からは、氏名と茶道部に入部しようと思った理由を聞かれ、
私が「日本人として生まれたからには畳の歩き方など日本の伝統作法を少しでも学びたかったから(要約)」と素直にお答えしたら、O先生は「立派だぁ〜」と褒めて下さりました(*^^*)

それから、毎週決まった曜日にO先生がお越し下さり、表千家茶道を教えて下さっています。

しかし、予期せぬことに、同じく入部したMさんが体調を崩してしまわれたらしく、学校へ来ることが難しくなってしまい、5月下旬からは、活動している部員は私1人となってしまいました(^_^;)
(Mさんの体調が良くなり、また元気に活動に復帰して下さることを心待ちにしています。)

部員私1人となった茶道部ですが、毎週O先生から心の込もった丁寧なご指導を頂き、茶道経験者であり顧問のN先生からもO先生のお越しにならない曜日でお時間のあるときに教えて頂いています。

IMG_1310

そして、気付けば7月も下旬になり、
基本となる運び点前(はこびてまえ)は、ぎこちないところはあれど、ほとんど覚えることができました。

今は、O先生から、棚を使った点前を教えて頂いています。

茶道を習い始め、畳の歩き方、座礼の仕方など、様々な日本の作法が身に付くのを感じ、自分がこの様な作法を覚えてきていることに、何だか計り知れない喜びが湧き上がってきています。

また、保育園以来ほとんど飲んでいなかった抹茶のおいしさに改めて気付きました。
おいしい抹茶には甘みがあることを…。

学校在学中は、茶道部活動を最後まで怠らずやり通して、茶の湯を楽しみながら日本人としての美しい振る舞いを覚えようと思います。

IMG_1311
長くなってしまいましたが、今回は、茶道部へ入部しました、というご報告でした。

これからは、神道や皇室のことと共に、茶道を通して感じる様々な喜びや気付きについても綴ろうと思います^ ^


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年7月1日、私の部屋にお祀りしている神明社にて、毎月1日・15日恒例の月次祭を執り行いました。

月次祭次第〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年7月1日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一拝。
  母:私に合わせて一拝。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二拝二拍手一拝。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二拝二拍手一拝。

七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一拝。
  母:私に合わせて一拝。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年7月1日月次祭を終わります」と宣言。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この度は、母に買ってもらった純米酒『浜千鳥』を瓶子に入れてお供えしました。
(お母さんいつもありがとう(*´∀`*))
CE6DB255-363E-465D-89F2-840BF51E6DF0

我が岩手県の株式会社浜千鳥さんが造った清酒です。
59BD00A0-1804-48DB-AD7D-63D08E5AAC19

神饌として、米、清酒、塩、水、さくらんぼ、りんごをお供えしました。
(さくらんぼとりんごはどちらも青森県産。)
A0849201-61A4-404D-B728-0C60F198AAC3

月次祭を通じて、天照大御神(神宮大大麻)、大国主大神(氏神神社神札)、豊受大神(榊山稲荷神社御神札)、豊受大神荒魂(榊山稲荷神社別宮神札)、稲荷大神(伏見稲荷大社講員神符)、へ日頃御守護を頂いていることへの感謝を新たにしました。

記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年6月15日、私の部屋にお祀りしている神明社に於いて毎月1日・15日恒例の月次祭を執り行いました。

月次祭次第〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年6月15日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。
(※今回は先にお供えしたため省略)

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二礼二拍手一礼。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二礼二拍手一礼の作法で参拝。

七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年6月15日月次祭を終わります。」と宣言。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この度は、母に買ってきてもらった純米酒「あさ開」を瓶子に入れてお供えしました。
DD3A28D1-D370-4567-8C04-77DB60EB7954

我が岩手県盛岡市の会社が造った清酒です。
1FBAEF94-A298-4D98-A794-C4D6511457CE

神饌として、米、清酒、塩、水、の他に、桃と甘夏をお供えしました。
4D7D3163-0942-400B-ACB6-A6091F3B276D
(月次祭終了後の神明社)

月次祭を通じて、天照大御神(神宮大大麻)、大国主大神(氏神神社神札)、豊受大神(榊山稲荷神社御神札)、豊受大神荒魂(榊山稲荷神社別宮神札)、稲荷大神(伏見稲荷大社講員神符)、へ日頃御守護を頂いていることへの感謝を新たにしました。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年4月15日、私の部屋にお祀りしている神明社にて、毎月1日、15日恒例の月次祭を執り行いました。

このとき母は出掛けていたので、私1人での月次祭となりました。

月次祭次第〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年4月15日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二礼二拍手一礼。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二礼二拍手一礼。


七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年4月15日月次祭を終わります。」と宣言。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回、瓶子に入れてお供えした清酒は、我が岩手県盛岡市の『菊の司酒造』さんの品です。
(月次祭前日、母に買ってきてもらいました。)0C64E2B9-64FE-4166-A737-943079F85BDC

月次祭を終えた後の神明社。
D3FE6C8D-A845-4825-8FFC-7C758A966C7E

今回は、米、清酒、塩、水、の他に、りんごとバナナをお供えしました。

月次祭にて、

・天照大御神(神宮大大麻)
・大国主大神(氏神様神札)
・豊受大神(榊山稲荷神社神札)
・豊受大神荒魂(榊山稲荷神社別宮神札)
・稲荷大神(伏見稲荷大社講員神符)

へ、いつもお守り頂いていることへの感謝をしました(^ ^)

お詫び:

この度の記事は、進学して新たな生活が始まった疲れから、月次祭を執り行った日から1週間以上経って綴ることとなりました。
いつもご覧下さっている方々、申し訳ありませんでした。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年4月1日、私の部屋に奉斎している神棚にて毎月1日・15日恒例の月次祭を執り行いましたが、祭儀終了後の神棚の写真を撮ることを忘れてしまったので、いつものように記事を作ることができません。

そのため、『神明社 平成30年4月1日 月次祭』 の記事は、お休みさせて頂きます。

いつもご覧下さっている方々には誠に申し訳ありませんが、ご理解を頂きますよう、お願い申し上げます。

 6D8F4F44-555E-4444-8CA5-978814021DDA

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年3月31日、我が岩手県盛岡市に鎮座されている盛岡八幡宮へ、母と共に参拝しました。

目的は、昨年の春に学校の入学試験を受けるために頂いてきた合格祈願の神札をお返しすることと(お蔭で、無事に合格しました。)、新年度へ向けて神々に今まで御守護を賜ったことへ感謝することです。

ちなみに、盛岡八幡宮は、岩手県で最も規模の大きい神社で、旧県社です。
宮司様は、岩手県神社庁長を務めておられます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鳥居。
IMG_0171

参道を進むと、向かって左側に手水舎があります。こちらで、手と口を清めます。
IMG_0176

さらに参道を進むと、向かって左側に御神馬が祀られていますので、参拝しました。
IMG_0174

そのまま参道をまっすぐ進むと拝殿へ着きますが、その前に、古札納所に向かい、合格祈願神札を納めました。
IMG_0178

古札を納めた後、振り返ると、鳩たちが何かを食べていました。
IMG_0177
ちなみに、鳩は八幡大神の眷属(けんぞく)です。

そして、古札納所から参道へ戻り、広い石段を登ります。
IMG_0179

そして、拝殿に着きました。
IMG_0182
こちらで参拝し、

(盛岡八幡大神様、いつもお守り頂き、ありがとうございます。お蔭で〇〇学校へ合格することができました。)

と祈念しました。

ちなみに、盛岡八幡宮の御祭神は、
  • 八幡大神
  • 春日大神
  • 白山大神
の三柱です。

次に、境内に鎮座されている、

稲荷大神をお祀りする笠森稲荷神社、
IMG_0185

天照大御神をお祀りする神明社、
IMG_0186

へ参拝し、

(いつもお守り頂き、ありがとうございます。)

と祈念しました。

また、同じ敷地内にある、戦争で亡くなられた岩手県に関係する人々の御霊をお祀りしている岩手護国神社へ参拝し、
IMG_0188

(御英霊の皆様、どうぞ安らかにお眠り下さい。)

と祈念しました。
神社へ祈念することとしては正しくないかも知れませんが、鎮魂の心を込めて参拝したものですので、ご理解を頂ければ幸いです。

ちなみに、岩手護国神社には、
IMG_0187
平成27年8月15日に行われた大東亜戦争終戦70周年臨時大祭のときに天皇陛下から幣帛料の御下賜があったことを記す立て札がありました。
これを拝見し、戦地へ赴き命を失われた御霊へ対する天皇陛下の御心を、改めて感じました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

境内には、他にも様々な神社が鎮座されていますが、時間の都合上、この度は参拝しませんでした。

この日は空が快晴で、誠に快く参拝しました(^ ^)

新年度に入る前に合格祈願神札を納めることができ、良かったです。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年3月15日、もりおかかいうん神社へ、今年になってから初めて参拝してきました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まずは、御本社の榊山稲荷神社(さかきやまいなりじんじゃ)へ。
御祭神は豊受之大神(とようけのおおかみ)です。

7533FFD1-D54C-4E76-AA86-D5BBBA4E9B8C
神門。

4E83CF45-AEB3-4755-9BB7-E62F857D4A7C
一の鳥居。赤色です。

6A42358B-5EC2-4748-A6E1-BBED918A9B13
参道を進むと、向かって左側に神輿舎がありました。
平成29年12月27日に参拝したときにはありませんでした。

DB7AA84D-5A17-44B7-95B6-0BB343C368F3
二の鳥居。扁額も朱色です。

BB8C3AF5-B66A-4D88-8650-6BA71395001A
参道を進むと水が湧いているところがあるので、こちらで手と口を清めます。

6F1E5419-5834-4872-81C4-DBB8CF05EE4C
そして、石段を登ると、木の香もかぐわしい神門が参拝者を迎えてくれます。

E57AD1D9-9959-44ED-B4DB-93CA6777669D
『開運ノ門』と呼ぶらしいです。

C9D43C7E-A0DB-4E5C-96E3-23AC6D71DB9E
『開運ノ門』を通ると、拝殿に着きます。
こちらで、二拝、二拍手、一拝、の作法で参拝し、

(いつもお守り頂きありがとうございます)

と、祈念しました。

榊山稲荷神社へ参拝した後に、別宮の加賀宮(かかのみや)へ。
御祭神は、豊受之大神荒魂(とようけのおおかみのあらみたま)です。

C1FAEB0E-CA49-4947-BD09-229AD54387B3
鳥居。

108E41D5-08A1-476D-AF6F-B6B795D904B1
加賀宮の参道からは、榊山稲荷神社の御本殿が見えます。

6D5EC49E-97A6-4D0C-92B2-52C36DBF0F67
参道を進むと、手水舎があります。
こちらで、手と口を清めます。

69C0A315-C5F2-445B-BEA4-AD00E0F75BA6
そして参道を進むと、拝殿に着きます。
こちらでも、二拝、二拍手、一拝、の作法で参拝し、榊山稲荷神社と同様に祈念しました。


EBC5E575-5CFE-4485-AFAE-18C222B1D541
さらに、向かって右の坂を進むと、加賀宮拝殿の後ろが見えます。

そして、坂を進むと…

EA05FECD-7CDC-4A62-80C4-AB79F60BC6B3
加賀宮の御本殿を拝することができます。

6988E135-221C-4161-8E4B-0DC13D7D1309
伊勢神宮の外宮の神様をお祀りしているため、鰹木は五本(奇数)で、千木は外削ぎです。

御本殿の前にも小さな賽銭箱がありましたので、改めて参拝しました。
(御本殿を前から撮るのは畏れ多く思ったので、写真はありません。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

平成30年になってから参拝できていなかったことが心掛かりだったので、この度、参拝することができて良かったです。

また、先日、電話で、四月に御祈願をして頂く予約をしたので、そのときに、再び参拝することになります。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成30年3月15日、私の部屋に奉斎している神明社にて、毎月1日・15日恒例の月次祭を執り行いました。

月次祭次第〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

一、開式の詞(かいしきのことば)

  私:「これより、平成30年3月15日月次祭を執り行います。」と宣言。

二、修祓(しゅばつ)

  私:祓詞(はらえことば)を奏上。

三、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:祭祀を主宰する斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

四、献饌(けんせん)

  私:神饌(しんせん)をお供えする。

五、斎主祝詞奏上(さいしゅのりとそうじょう)

  私:斎主として「伊勢内宮神前祝詞」及び「伊勢外宮神前祝詞」を奏上。
    この後、二礼二拍手一礼。

六、参列者奉拝(さんれつしゃほうはい)

  母:二礼二拍手一礼。

七、斎主一拝(さいしゅいっぱい)

  私:斎主として一礼。
  母:私に合わせて一礼。

八、閉式の詞

  私:「これをもちまして、平成30年3月15日月次祭を終わります。」と宣言。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

清酒。この後、瓶子に入れてお供えしました。
B3CCC1FB-60A9-444B-9379-6803C6D841BA

我が岩手県にある『わしの尾』さんの品です。(見えづらいでしょうか^^;)
9CC003DC-3E9C-4E43-A470-FD3B755ABF96

月次祭が終わった後の神明社。
今回は、神饌として、米、清酒、塩、水、の他に、りんごとみかんをお供えしました。BE0DB8F0-ED15-4D7D-A80D-CA079EF84344

月次祭にて、神々へ、いつもお守り頂いていることへのお礼を申し上げました。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

このページのトップヘ