旧ブログ

旧「快ちゃんの日記」です。 新しい「快ちゃんの日記」はhttps://kaichan.hatenablog.jp/です。

カテゴリ:個人的なこと > 神社祭儀参列

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成29年10月29日、盛岡市北山のもりおかかいうん神社の新嘗祭に参列しました。
(詳しくは、もりおかかいうん神社新嘗祭に参列(平成29年)をご覧下さい。)

今回は、その際に頂いた授与品とお下がりをご紹介します。

授与品としては、別宮・加賀宮の豊受姫大神荒御魂の御神札とあきまつり守護の御神札、

IMG_0398
(左:加賀宮荒御魂 右:あきまつり守護)

おみき、

IMG_0396

お米、

IMG_0394

ご神水、

IMG_0392

を頂きました。

また、お下がりとして、りんごと大根を頂きました。

IMG_0390

これだけ多くの物を頂き、ありがたいです。
 
二柱の御神札は、神棚にお祀りしました。

また、おみきは、神棚にお供えし、残りは母に飲んでもらいました。
(私は未成年なので飲めません^^;)

お米は、冷蔵庫に保管しております。(そろそろ食べようかな…。)

ご神水は、飲みました。とても口当たりが柔らかく、体にスッと入って来ました。

りんごと大根は、美味しく頂きました。

本当に、ありがたいです…。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。 

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

平成29年10月29日、もりおかかいうん神社の新嘗祭に参列しました。

image18
(写真:もりおかかいうん神社ホームページより)

こちらは、私がこの上なく御神縁を感じている神社で、本社の榊山稲荷神社の御祭神は豊受姫之大神(とようけひめのおおかみ)です。今年の夏には宮司様と御祭神や日本の神々についてお話しすることができました。

10月の中旬に宮司様から往復はがきで参列のご招待を頂き、29日は日曜日でしたので、参列させて頂くことができました。

私のことを気に掛けて下さり、本当にありがたいです。

祭典は母と二人で参列しましたが、準備に思ったより時間が掛かり、始まる5分前ほどに神社に着きました。
社務所の受付に行くと、「お初穂料」と書かれた封筒が三方に山積みになっており、ドキッとしました。

実は、このように祭典に「参列」することが初めてで、往復はがきにも特に書かれていなかったので、お初穂料は要らないと思っていたのです。(無知でした…。)

businessman6_bikkuri

巫女さんに聞くと、5千円〜1万円を納めるのが相場とのことでしたので、母が財布から5千円を出して納めてくれました。(他の方は綺麗な封筒に収めているので、少し恥ずかしかったです^^;)

jinja_miko

巫女さんから授与品の入った紙袋と玉串を頂き、社務所から本社まで続く長い廊下を急いで歩き、拝殿に入ったときには、宮司様による祭儀の説明が始まっていました。

拝殿には、ご年配の方々や、希望の党から立候補して当選した民進党の衆議院議員の階猛さん、比例復活当選した自由民主党の衆議院議員の高橋ひなこさんの代理の方の姿もありました。

job_seijika_manjob_seijika_woman

参列者の座る椅子は既に座っている方で一杯でしたが、手前に誰も座っていない椅子が一つだけありましたので、私はそこに座り、母は隣で正座することになりました。

祭儀の流れは、授与品の入った紙袋に入っていた紙に書かれていました。(良かった…。)

要約すると、

1.別宮・加賀宮(かかのみや)での祭典を神職さんと巫女さんだけ行う。(参列者は本社で待機)

2.本社にて祭典を行い参列者が玉串奉奠。

3.本社での玉串奉奠を終えた参列者から順次、加賀宮で玉串奉奠を行う。

4.直会の会場へ行く。

というものでした。

なので、すぐに神職さんや巫女さんは、本社を退出して加賀宮(境内にあります。)へ行き、本社へ戻って来ました。

本社での祭典が始まり、確か、修祓→献饌→祝詞奏上→玉串奉奠という順で行われました。

oharai_kannushi

祝詞は宮司様が奏上され、とても美しかったです。以前にお話しした時のお声とは、全く違って聞こえました。腹の底から出す声というか…。

玉串奉奠は、3名ずつ読み上げられた人から行いました。
神社の役員の方々→盛岡の会社の社長さん達→銀行の支部長さん達→議員さん達→他の参列者(私たち)という順で呼ばれました。

今回は、私の名前で参列したので、母は私と一緒に玉串をお供えして拝礼しました。
YouTubeの動画を見て玉串奉奠の仕方を練習していたので、滞りなくできました。

「いつも御守りいただき、ありがとうございます。」とお祈りさせて頂きました。

その後、本社の隣に御鎮座されている加賀宮の神前に移り、母と一緒に玉串をお供えして拝礼しました。

こちらでも、本社と同じく、

「いつも御守り頂き、ありがとうございます。」とお祈りさせて頂きました。

その後は、直会への参加は申し込んでいなかったので、社務所でお下がりを頂き、帰りました。

初めて神社の祭典に参列したので、とても緊張しましたが、本社、加賀宮ともにしっかりと拝礼させて頂くことができたので、良かったです^ ^

次回は、頂いた授与品とお下がりをご紹介します。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

このページのトップヘ