旧ブログ

旧「快ちゃんの日記」です。 新しい「快ちゃんの日記」はhttps://kaichan.hatenablog.jp/です。

カテゴリ:神道 > 日本神話

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

今回は、竹田恒泰さんの著書「現代語古事記」を参考に、「天の岩屋戸」のお話をご紹介します。

・日本神話 1.天地が分かれ、別天津神が現れる

・日本神話 2.神代七代と国生み

・日本神話 3.神生み 〜伊邪那美神の死〜 

・日本神話 4.伊邪那岐神 黄泉国へ 〜伊邪那美神との永遠の別れ〜 

・日本神話 5.三貴子の誕生 

・日本神話 6.泣きわめく須佐之男命

・日本神話 7.天照大御神と須佐之男命

                                  も、ぜひご覧下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

天照大御神(あまてらすおおみかみ)は、弟の須佐之男命(すさのおのみこと)をかばいましたが、須佐之男命の行いは酷くなるばかりでした。

天照大御神が機織小屋で神の衣を織らせていると、須佐之男命は、その小屋の屋根に穴をあけ、皮を剥いだ馬を落とし入れたのです。

機織女(はたおりめ)はビックリして、誤って織の横糸を通す道具で女性器を突き刺してしまい、死にました。

これには天照大御神も黙ってはおられません。
天の岩屋戸(あめのいわやと)を開けて洞窟の中に入り、岩屋戸を閉じて引きこもってしまいました。
天の岩屋戸は、洞窟の入口を塞いでいる岩のことです。

すると、太陽の神である天照大御神が引き籠ってしまったため、高天原(たかまのはら)は暗闇に包まれ、葦原中国(あしはらのなかつくに)も暗くなりました。

そして、昼が来ない夜だけの世界となり、万(よろず)の神の声が夏バエのように満ちあふれ、万の災いが起こるようになってしまいました。
万とは、数が多いことです。

八百万(やおよろず)の神は困りに困り、天の安の河原(あめのやすのかわら)に集まって、色々と考えをめぐらせましたが、良い考えは無く、「知恵の神」で知られる思金神(おもいかねのかみ)に相談することにしました。
八百万の神とは、たくさんの神々のことです。

思慮を兼ね備えた思金神の考えた方策は、「祭り」でした。

早速、神々は祭りの準備に取り掛かります。

まず、ニワトリが集められ、一斉に鳴かされました。
ニワトリが鳴くと太陽が昇ることから、ニワトリを鳴かせることは太陽が現れるのを促す呪術だったのです。

次に、天の安の河(あめのやすのかわ)の川上にある固い石を取り、鉱山の鉄を取り、鍛冶屋を探して、伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)に鏡を作らせました。
固い石は、鉄を鍛えるのに使うものです。

また、玉祖命(たまのおやのみこと)に、多くの玉を緒に通した飾りを作らせました。

こうして、必要な神器が揃いました。

ちなみに、このとき作らせた神器の内、鏡は八咫鏡(やたのかがみ)、玉を緒に通した飾りは八尺勾玉(やさかのまがたま)と呼ばれ、後に高天原から地上にもたらされ、天皇の皇位の印である「三種の神器」の内の二つとなります。

そして、天児屋命(あめのこやねのみこと)布刀玉命(ふとだまのみこと)を呼んで、にぎやかな祭りが始まりました。

山から根ごと掘り出してきた枝ぶりの良い榊(さかき)に、上の枝には八尺勾玉の多くの珠を取り付け、中の枝には八咫鏡を取り付け、下の枝には木綿と麻の布を垂らし、この見事な供え物を布刀玉命が取り持ち、天児屋命が祝詞を奏上しました。

また、天照大御神がこもった岩屋戸のすぐ脇には、力持ちの神である天手力男神(あめのたぢからおのかみ)が立ちました。

岩屋戸の前では神楽が始まりました。
踊り手の天宇受売命(あめのうずめのみこと)は、神懸りして、女神であるのにも関わらず、胸乳をあらわに出して、服の紐を隠部の所まで押し下げました。

fullsizeoutput_6e
(神宮ホームページ:神宮の神話より)

すると、八百万の神がどっと笑ったのです。

このとき、天照大御神は不審に思い、岩屋戸を細めに開き、内側から次のように言いました。

「私が洞窟の中に籠っているから、高天原も葦原中国も暗闇のはずなのに、天宇受売命が歌舞いをし、八百万の神も笑っているのは、なぜなのだろう?」

天宇受売命はそれに答えて、

「あなた様よりも尊い神がいらっしゃるからです。それゆえに、我々は喜び、笑い、そして舞っているのです。」

と言いました。

こうしている間に、天児屋命と布刀玉命が、岩屋戸の隙間に八咫鏡を差し入れ、天照大御神に見せました。

すると、天照大御神は鏡に映る自らの姿を見て、自分と同じような太陽の神が別にいると思って、ビックリしました。

そして、天照大御神がゆっくりと外を覗こうとしたとき、戸の脇に隠れていた天手力男神が天照大御神の手をつかんで外へ引き出しました。

そして、布刀玉命は洞窟の入口にしめ縄を張り、

「これより中に戻ってはなりませぬ!」

と言いました。

かくして、天照大御神が洞窟から出てきたので、高天原と葦原中国に、再び明かりが戻ったのです。

天照大御神が隠れてしまったのは、須佐之男命の横暴が原因でした。

八百万の神は話し合った末、須佐之男命に、罪穢れを祓うための品物を負わせ、髭を切り、手足の爪を抜いて、ついに高天原から追放しました。

ここからは、須佐之男命の新しき物語が展開します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、天照大御神が洞窟に籠もられてしまうお話をご紹介しました。

八百万の神々は、見事な供え物を作って祭りを行い、天照大御神を引き出すことに成功なさいました。

これは、太陽の神である天照大御神がおられないと神々は何もなさることができない、ということを示しています。

私たち人間も、太陽がなければ、光を失い、凍え死んでしまいます。

太陽を中心に生きているのは、神様も人間も同じなのです。

次回の『日本神話』は、「八俣大蛇」です。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

今回は、竹田恒泰さんの著書「現代語古事記」を参考に、海原から追放された須佐之男命のお話をご紹介します。

・日本神話 1.天地が分かれ、別天津神が現れる

・日本神話 2.神代七代と国生み

・日本神話 3.神生み 〜伊邪那美神の死〜 

・日本神話 4.伊邪那岐神 黄泉国へ 〜伊邪那美神との永遠の別れ〜 

・日本神話 5.三貴子の誕生 

・日本神話 6.泣きわめく須佐之男命

                                  も、ぜひご覧下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

追放された須佐之男命(すさのおのみこと)は、黄泉国にいる伊邪那美命(いざなみのみこと)のところへ行く前に、高天原に上り、姉である天照大御神(あまてらすおおみかみ)へ、報告することにしました。

須佐之男命は追放されたことによって心が荒ぶっていたので、高天原に上るとき、山、川、土は、ことごとく揺れ動きました。

その異様な事態に驚いた天照大御神は、

「我が弟が高天原にやってくるのは、きっと何か企みがあるからに違いない、国を奪うつもりかもしれない。」

と言って、戦いに備えて男装した後、背には千本の矢が入った靫(矢を入れる道具)を、脇には五百本の矢が入った靫を付けるなどの武装をしました。

そして、威勢よく雄叫びをあげ、臨戦態勢で、高天原にやってきた須佐之男命と対峙しました。

天照大御神が、

「なぜ高天原にやってきたのか。」

と尋ねると、須佐之男命は、

「私に邪心はありません。伊邪那岐神(いざなきのかみ)が私が泣きわめくことをお尋ねになったので、『私は、亡き母の国に行きたいと思って泣いているのです。』と申し上げました。そこで大神が『お前はこの国にいてはならない』と仰せになり、追放なさったので、まかりゆくことになったことを申し上げようと思い、参上したのです。やましい心はありません。」

と言いました。

しかし、天照大御神は簡単には納得しません。 

「ならば、あなたの心が清らかなることはどのようにして知ることができるか。」

と聞いたのです。

そこで須佐之男命は、

「お互いに誓約(うけい)をして子を生みましょう。」

と提案しました。

誓約とは、あらかじめ決めた通りの結果が現れるかどうかで吉凶を判断する占いの一種です。 

天照大御神と須佐之男命は、高天原に流れる川を挟んで立ちました。

初めに天照大御神が、須佐之男命の帯びていた十拳剣(とつかのつるぎ)を三段に打ち折り、神聖な井戸ですすぎ、噛み砕いて、吹き出しました。

吹き出した息の霧に、田紀理毘売神(たきりひめのかみ)を始めとする三柱の女神が生まれました。

次に須佐之男命が、天照大御神の髪に付けてあった三つの勾玉を、一つずつ手に取り、それぞれ神聖な井戸ですすぐと、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)天菩比神(あめのほひのかみ)などの三柱の男神が生まれました。

須佐之男命が続けて、天照大御神の左右の手にそれぞれ巻いてあった勾玉を、一つずつ噛み砕いて吐き出すと、二柱の男神が生まれました。

須佐之男命の物からは三柱、天照大御神の物からは五柱の神が生まれたのです。

これで誓約は終わりです。

天照大御神は、

「後に生まれた五柱の男の子は、私の物から生まれたから私の子です。先に生まれた三柱の女の子は、あなたの物から生まれたから、あなたの子です。」

と言いました。

すると、須佐之男命は、

「私の心が明るく清いから、たおやかな女の子が生まれたのです。だから私の勝ちだ。」

と言って、勝ち誇ったように、天照大御神の田の畔(あぜ)を壊し、溝を埋め、さらには、神に新穀を供える神事である大嘗(おおにえ)を行う神聖なる御殿に糞(くそ)をまき散らしたのです。

そして、須佐之男命は高天原で大暴れし始めました。

弟がひどい行いをしているのに、天照大御神はこれを咎めず、

「糞をまいたというのは、酔って吐いたものでしょう。田の畔を壊し、溝を埋めたのは、土地が惜しいと思ったからでしょう。」

と言って、弟をかばいました。

しかし、須佐之男命の悪態はひどくなる一方です…。

つづく…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、追放された須佐之男命が、姉の天照大御神と誓約をされたお話でした。

誓約で御自分の物から生まれた神が女神だったからと言って勝ち誇り、高天原で大暴れされ始めてしまった須佐之男命。

そして、姉である天照大御神は、そんな弟をかばわれてしまいます…。

次回は、「天の岩屋戸」です。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。 

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

今回は、竹田恒泰さんの著書「現代語古事記」を参考に、海原を治めるように命じられた須佐之男命のお話をご紹介します。


日本神話 2.神代七代と国生み

日本神話 3.神生み 〜伊邪那美神の死〜

日本神話 4.伊邪那岐神 黄泉国へ 〜伊邪那美神との永遠の別れ〜

日本神話 5.三貴神の誕生

             も、ぜひご覧下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

父である伊邪那岐神(いざなきのかみ)から海原を治めるように命じられた須佐之男命(すさのおのみこと)は、国(海原)を治めず、泣きわめいてばかりいました。

嵐の神とされる須佐之男命が泣いたことにより、青々とした山はことごとく枯れ山となり、 河と海もことごとく干上がってしまいました。

これにより、悪しき神の声がハエのように満ちあふれ、ありとあらゆる災いが起こりました。 

心配した伊邪那岐神が、

「 どうして国(海原)を治めずに泣いてばかりいるのか。」

と尋ねると、須佐之男命は、

「私は亡き母の国の根之堅洲国に参りたいのです。だから泣いているのです。」

と答えました。

須佐之男命は、伊邪那美神(いざなみのかみ)を「母」と思っていたようです。

それを聞いた伊邪那岐神は怒り、

「ならばお前はこの国に住んではいけない。」 

と言って、須佐之男命を追放しました。

追放された須佐之男命は、この後どうなってしまうのでしょうか? 

つづく…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、須佐之男命が伊邪那岐神から追放されたお話でした。

須佐之男命は、伊邪那岐神が単独でお生みになった神なので、本当は「母」という存在がおられないのですが、過去に伊邪那岐神の妻であられた伊邪那美神を、「母」と思っていらしたようですね。 

次回は、 「天照大御神と須佐之男命」です。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。 

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、今回は、竹田恒泰さんの著書「現代語古事記」を参考に、黄泉国から現世に帰って来られた伊邪那岐神が三貴子をお生みになられるお話をご紹介します。


日本神話 2.神代七代と国生み

日本神話 3.神生み 〜伊邪那美神の死〜

日本神話 4.伊邪那岐神 黄泉国へ 〜伊邪那美神との永遠の別れ〜

も、ぜひご覧下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

黄泉国(よみのくに)から現世に帰ってきた伊邪那岐神(いざなきのかみ)は、

「自分は穢れた国に行ってしまった。禊(みそぎ)をして身を清めなくては。」

と言って、 筑紫の日向の橘小戸の阿波岐原(つくしのひむかのたちばなのおどのあわぎはら)という川に行き、禊祓(みそぎはらえ)をすることにしました。

伊邪那岐神は、まず、身に着けているものを次々と外しました。
このとき、投げ捨てた杖、帯、袋、衣、袴、冠、腕輪などから12柱の神が生まれました。

身に着けているものを全て外した伊邪那岐神は、川の中瀬に潜り、体を清めました。

2626EA07-7D5B-4347-8968-B1C7BE6BF951

このときにも、様々な神が生まれました。

さて、伊邪那岐神は最後に顔を清めました。

そのとき、

左の目を洗ったときに、

天にましまして照り給う神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)

右の目を洗ったときに、

月の神である月読命(つくよみのみこと)

鼻を洗ったときに、

嵐の神で勇猛迅速に荒らすさぶる神である建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)

の三柱の神が生まれました。

0B716FF1-AFFA-42DB-8A99-B807A5DD223B

このとき、伊邪那岐神は大変喜び、

「私は子をたくさん生んできたが、その果てに三柱の尊い子を得た。」

と言って、自らが付けていた首飾りを天照大御神へ賜い、

高天原(たかまのはら)を知らせ(治めよ)」

と命じました。高天原とは、神々の世界のことです。

そして月読命には夜の世界を知らす(治める)ように、建速須佐之男命には海原を知らすように命じました。

この三柱の神は、伊邪那岐神から生まれた神々の中で格別に尊い神として、

三貴子(みはしらのうずのみこ)

と呼ばれるようになりました。

特に天照大御神は、最も尊い太陽の神として高天原の神々を率いることになります。

つづく…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、伊邪那岐神の禊によって格別に尊い三柱の神がお生まれになるところまでご紹介しました。

これからは、天照大御神と建速須佐之男命を中心とする新しい物語が始まります。

次回は、「荒ぶる須佐之男命」です。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。 

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、今回は、竹田恒泰さんの著書「現代語古事記」を参考に、伊邪那美神を追って黄泉国へ行った伊邪那岐神のお話をご紹介します。
日本神話 2.神代七代と国生み

日本神話 3.神生み 〜伊邪那美神の死〜

も、ぜひご覧下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

伊邪那岐神(いざなきのかみ)は、火の神・迦具土神(かぐつちのかみ)を生んだことで大やけどを負って亡くなった愛する妻の伊邪那美神(いざなみのかみ)を追って、死者の国である黄泉国(よみのくに)を訪ねました。

40

すると、黄泉国にある伊邪那美神が住む御殿の閉ざされた扉が開き、伊邪那岐神は伊邪那美神と再会しました。

伊邪那岐神は、

「美しき我が妻よ、私とあなたが作る国は、まだ出来上がっていない。一緒に帰ろう。」

と伊邪那美神に呼びかけました。

すると、伊邪那美神は、

「もう少し早く迎えに来て下されば良かったのですが、残念なことに、私は黄泉国の食べ物を食べてしまったので、こちらの住人になってしまいました。もう戻ることはできません。

でもあなた様がせっかくいらして下さったのですから、なんとか帰りたいと思います。黄泉の神々と相談して参りますので、その間、決して私を見ないと約束して下さい。」

と言い残して、御殿の扉を閉めました。

伊邪那岐神はしばらく待ちましたが、伊邪那美神は姿を現しません。

待ちきれなくなった伊邪那岐神は、約束を破って御殿の中に入りました。

御殿の中は暗かったので、伊邪那岐神は、火を灯しました。

すると、伊邪那岐神の目に飛び込んで来たのは、腐敗して蛆にまみれた、伊邪那美神の変わり果てた姿でした。

09

伊邪那岐神はびっくりして逃げました。

ところが、醜い姿を見られた伊邪那美神は、

「私に恥をかかせたな!」

と言って、予母都志許売(よもつしこめ)という黄泉国の恐ろしい醜女(しこめ)に後を追わせました。

伊邪那岐神は、あらゆる物を投げて醜女を振り払い、その隙に逃げました。

しかし、醜女だけではなく、八種の雷神や1500人の黄泉の軍勢も追って来ます。どれも怖い顔をした悪霊です。

伊邪那岐神は、腰に差していた十拳剣(とつかのつるぎ)を抜いて、後手に振りながら走りました。
後ろ手で何かをすることは、相手を呪う行為です。

伊邪那岐神は、ようやく黄泉国と現世の境に差し掛かり、そこに一本の桃の木を見つけ、急いで桃の実を3個取って悪霊たちに投げ付けました。

41

すると、どうしたことか、悪霊たちはすっかり勢いを失い、逃げ帰りました。

桃の実に助けられた伊邪那岐神は、桃の木に

「私を助けてくれたように、地上に住む人々が苦しみ悩む時、同じように助けなさい。」

と言って、御豊加牟豆美命(おおかむずみのみこと)という名前を授けました。

ところが、最後の最後に、伊邪那美神が、腐った自らの体を引きづりながら追ってきました。

32

伊邪那岐神は、千引の岩(ちびきのいわ)と呼ばれる巨大な岩で、黄泉国と現世の境を塞ぎました。

39

そして、伊邪那岐神と伊邪那美神は、岩を挟んで向き合いました。

伊邪那岐神が夫婦離別の呪文を述べると、伊邪那美神は、

「愛しい夫がそのようにするのであれば、あなたの国の人々を一日千人絞め殺しましょう!」

と、恐ろしい声をあげました。

それに対して伊邪那岐神は、

「愛しき妻がそのようにするのであれば、私は一日に千五百の産屋を建てよう!」

と言いました。

このようにして、二柱の神は永遠に決別したのです。

かくして、現世では一日に1000人が死に、1500人が生まれることになりました。

人間の「生」と「死」の起源です。

黄泉国に残った伊邪那美神は、黄泉津大神(よもつおおかみ)と呼ばれるようになりました。

20


こうして、伊邪那美神は黄泉の大神として、伊邪那岐神は現世の大神として、全く別の道を進むことになったのです。

つづく…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、夫婦であった伊邪那岐神と伊邪那美神が、永遠に別れるところまでをご紹介しました。

「国生み」から今回までの神話について分かりやすく説明している動画がありましたので、ご紹介します。

(YouTube:神道の心を伝えるさんより)

(当記事に載っているイラストも、こちらの動画からお借りしました。)

伊邪那美神が、人々を一日に千人殺すという呪いをかけたことによって、私たち人間には寿命がある。
日本神話は、本当に奥が深いですね。

次回の「日本神話」は、「三貴子の誕生」です。
しばらく後に更新することになるかもしれませんが、よろしくお願いします。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

今回は、日本神話の「神生み」からを、神道学博士・三橋健さんの著書神道の本」を参考にしてご紹介します。
image

日本神話 1.天地が分かれ、別天津神が現れる

日本神話 2.神代七代と国生み

も、ぜひご覧下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

伊邪那岐神(いざなきのかみ)伊邪那美神(いざなみのかみ)は、国生みを終えると、たくさんの神々を生みました。その数は35柱に上りました。

これを、神生み(かみうみ)と言います。

しかし、その最後に火の神である迦具土神(かぐつちのかみ)を産み落とした伊邪那美神は、陰部に大やけどを負ってしまいました。

これが致命傷となり、伊邪那美神は死者が住む黄泉国(よみのくに)へと旅立ってしまいました。

伊邪那岐神は、

「愛しい我が妻の命を、子1人の命とかえることになるとは思いもしなかった」

と、涙を流して悲しみました。

そして伊邪那岐神は、悲しみのあまり、伊邪那美神を死に至らしめた迦具土神の首を斬りました。

つづく…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、「神生み」から伊邪那美神がお亡くなりになられるところまでをご紹介しました。

伊邪那美神は、火の神をお生みになったことで命を失われました。

いつの時代も、火は恐ろしい力を持ったものなのです。

次回は、「伊邪那岐神 黄泉国へ 〜伊邪那美神との永遠の別れ〜」です。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、前回の記事では、古事記に記されている、天地が分かれ別天津神が現れるまでをご紹介しました。

今回は、その続きの「神代七代」から「国生み」までを、前回と同じく神道学博士・三橋健さんの著書神道の本」を参考にご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
別天津神が現れた後、神代七代(かみよななよ)という時代になり、次々と神々が現れました。

最初の二代は、別天津神と同様、男女の性別のない独神(ひとりがみ)で、大地を神格化した神でした。

これに続き、男女二神が対になった、五代の「双つ神(ふたつかみ)」が誕生しました。

その最後に誕生したのが、男神の伊邪那岐神(いざなきのかみ)と女神の伊邪那美神(いざなみのかみ)です。

神代七代は、男女という概念が生まれた時代と言えます。


伊邪那岐神伊邪那美神は、天津神(あまつかみ)から、漂う国土を固めよと命じられました。

二神は、天浮橋(あめのうきはし)という天空に浮かんだ橋の上に立ち、天沼矛(あめのぬぼこ)を海水に入れてかき混ぜました。

Kobayashi_Izanami_and_izanagi

すると、矛の先から落ちた潮が固まり、淤能碁呂島(おのごろしま)ができました。

二神はこの島に降り、天の御柱(あめのみはしら)という神聖な柱を立てて八尋殿(やひろどの)という大きな御殿を建て、そこで結婚して、国を生もうと考えました。

そして二神は、天の御柱を回り、出会ったところで伊邪那美神が先に声をかけて、次に伊邪那岐神が声をかけて結婚しました。

ところが、生まれたのは、形を成さない水蛙子神(ひるこのかみ)だったので、二神は悲しみ、その子を葦の船に入れて流してしまいました。

二神は高天原に戻って天津神の指示を求めると、占いを勧められました。

天津神の指示どおりに占うと、女から先に声をかけたのがよくなかったことが分かりました。

そこで、男神である伊邪那岐神から声をかけて結婚すると、成功しました。

こうして、

淡路島、四国、隠岐島、九州、壱岐島、対馬、佐渡島、本州

の順に島が生まれました。

日本列島の誕生です。

つづく…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回は、日本列島ができるまでをご紹介しました。

伊邪那岐神と伊邪那美神が、日本の島々を生むために苦労なさったことが分かりますね。

次回は、神生み(かみうみ)からご紹介します。
一週間後くらいになるかもしれませんが、よろしくお願いします。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

こんにちは。当ブログへお越し下さり、ありがとうございます(^ ^)

さて、今回は、神道学博士・三橋健さんの著書である神道の本を参考に、古事記に記されている天地の始まりについてご紹介します。

image

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

はるか昔、世界は混沌としていました。

初めて天と地が分かれたとき、神々の世界である「高天原(たかまのはら)」に、

・天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

・高御産巣日神(たかみむすびのかみ)

・神産巣日神(かむむすびのかみ)

という三柱の神が現れました。

この神々を、造化三神(ぞうかさんしん)といいます。

天之御中主神は、高天原の中心に位置して宇宙の根源をなす神とされています。

高御産巣日神神産巣日神は、生成力の神とされています。
なぜなら、この二柱の神の名の中にある「むすひ」の「むす」が生成を、「ひ」が不思議な霊力を意味するからです。


造化三神が現れたころの地上は、まだ水に浮かぶ油のように漂っていましたが、そこから葦の芽が萌えるような

・宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)

・天之常立神(あめのとこたちのかみ)

という二柱の神が現れました。

造化三神とこの二柱、合わせて五柱の神々は別天津神(ことあまつかみ)と呼ばれ、日本神話の中でも格別に高貴な神とされています。

別天津神は、男女の区別が無い独神(ひとりがみ)でした。

つづく…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回は、神世七代(かみよななよ)から国生み(くにうみ)までご紹介します。

日本神話を知ることで、日本の起源を知っていただけると、幸いです。


記事を最後までご覧下さり、ありがとうございました^_^

ご意見、ご感想等、下のコメント欄へお気軽にお寄せ下さい。

このページのトップヘ